乃木坂46『ごめんねFingers crossed』MVで生田さんが乗っているホンダシビッククーペについて調べてみた

映画ワイルドスピード1、2、3等の

このMVにド派手なピンクのシビッククーペが登場します。第2走車として、賀喜さんの乗るスバルWRX STIと対戦して勝利します。以下のwikipediaのページを見ると開発・生産をアメリカで行われているので、もはやアメ車!? ホンダといえば高回転まで回るVTECエンジンです。車両重量(AT:1,070 kgMT:1,050 kg)と軽いので軽快に走れそうです。

Wikipedia ホンダシビッククーペ初代 EJ1/2型(1992-1996年)

そして、実際には運転してないと賀喜さんが申しております。(引用元はyahooニュースのため、そのうち削除されてしまうかもしれません。)

本当は運転してなくて(笑)。全部、けん引? 車を台車みたいなものに乗せて、前の車に引っ張ってもらって撮影しました。

乃木坂46・賀喜遥香 新曲『ごめんねFingers crossed』MV裏話 運転技術はゲームで習得?!

ドラム缶を折り返し地点として順番に対戦(各車往復リレー方式)は、ワイルドスピードX2の中盤に出てきます。勝負に勝ってアメ車(チャレンジャー、カマロ)をいただくためのレースです。

ワイルドスピードX2(字幕版)

第1走目のローマン・ピアースの乗る三菱エクリプスVSチャレンジャーにおいて、エクリプスはコースアウトして大差をつけらてしまいます。そこで、まともに走っても勝てない状況を打開するため、主人公のブライアン・オコナーは、ランエボVIIで真正面から対戦相手のアメリカンマッスルのカマロに突っ込みます・・・

Mitsubishi Lancer EVO VII

同様にランエボで正面から突っ込む映画といえば・・・プジョー406と激しいカーチェイスを繰り広げるランエボVI風’です。「KAMIKAZE」「BANZAI」とか言ってます。(千葉ナンバーだけど左ハンドルなのは、欧州仕様のカリスマGTにランサーのエアロとランエボVIのエンブレムを付けているらしいです。)

Wikipedia TAXi2

TAXi②(字幕版)

youtubeにそのシーン上がってました。冒頭(0:00~0:26)です

シビッククーペについて特設サイトには、このようなことが書かれています。

海外で人気のあるいわゆるスポーツコンパクト。映画「ワイルドスピード3 (TOKYO DRIFT)」に登場した実際の車に、バイナルグラフィックと呼ばれるデザインのボディラッピングを多数手がけたアートファクトリーの職人が監修しボディを仕上げた。

27thシングル「ごめんねFingers crossed」MV 特設サイト(2021/5/22時点)

ワイルドスピード3に登場すると書かれていますが、wikipediaのワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 劇中に登場する主な車両をみてもシビッククーペについては全く書かれていません。

実際に映画を観ても・・・見落としているだけかもしれませんが、登場シーンがわかりませんでした。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

しかし、1作目にはトラックを襲う役として黒いシビッククーペが登場します。

物語後半、シビッククーペ3台でトラックを襲いますが、ショットガンで武装したトラックの運転手に返り討ちにされます。

ワイルド・スピード(字幕版)

結局よくわかりませんでした・・・・

2021/6/2追記

勘違いしました。きっと、アートファクトリーという会社のボディラッピングをした車がワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTに登場するということなんですね・・・

コメントする

CAPTCHA