テクトロR313キャリパーブレーキが良く効くので驚いたお話し

ブレーキ性能を決めるのは「ブレーキシュー」だと言っても過言ではない

アマゾン シマノブレーキシューR55C3商品ぺージ

とシマノさんも言っていますが、実体験として、本当にそうかもしれません。

というのは、テクトロR313とシマノR55C4ブレーキシューの組み合わせで良く効くからです。ブレーキレバーを握ると「グニャ~」とした感じはなく、「ギュー」とした剛性感がある感じです。

テクトロR313キャリーパーブレーキ

シマノR55C4ブレーキシューシルバー

上記に交換する前は、テクトロR540とR55C4ブレーキシューの組み合わせで使用していました。この組み合わせより効くのです。ワイヤーは全く同じです、

何故かと考えてみると、R540は水たまりを走った影響でブレーキキャリパー本体の可動部が汚れて動きが悪くなっているからのようです。

取り外して汚れているテクトロR540

元々、R313には、カートリッジタイプではない、P473というブレーキシューが付属していました。

もしかしたら、あまり効かないかもしれないと思い込んでいたのですが、それは間違いでした。

マニュアル通りに前後交換して60キロ程走った感想として「グッ」と効きます。ただ、R55C4ブレーキシューのほうが効く感じはします。それでも、「あまり効かないなあ~」という感じではありません。

フロント
リア

そして、自分のようにキャリパーブレーキ本体を頻繫に交換する人は、あまりいないかもしれませんが、再利用できるキャップが便利です。これを使うとインナーケーブルを切らずにブレーキ本体の交換が可能のためインナーケーブルが短くならずに済みます。

KCNC スレッドロックインナーキャップ

コメントする

CAPTCHA