シマノBR-R451に交換しようとして失敗したお話し

GIANT DEFY3(2012)に付いていたテクトロR340というキャリパーブレーキをシマノBR-R451に交換しようとして失敗した人間のお話しです。

ロードバイクGIANT DEFY3(2012)の魅力

テクトロR340(実はR540)には、P453というブレーキシューが付いています

裏側を見てみると「R540」の文字が・・・

、このブレーキシューをシマノR55C4というブレーキシューに交換したところ、「グニュ~」から「シュー」と制動力が上がり、ブレーキが効くことが実感できました。

TEKTRO R340のP453ブレーキシューをシマノR55C4に交換したお話し

シマノR55C4

このままでも全然良いのですが、シマノ公式の情報から、SHIMANO ST-2300 デュアルコントロールレバーの互換性のあるブレーキを調べてみたところ・・・BR-R451があったのです。

シマノST-2300デュアルコントロールレバーに互換性のあるブレーキを調べてみた

シマノBR-R451

シマノ製のロングアーチのキャリパーブレーキに交換したら、更に(ブレーキシューはR55C4に交換します。)制動力が上がるのか試してみたかったのです。

このBR-R451取扱説明書を参考に取り付けます。(ブレーキという命に関わる重要部品のため、取り付けに不安な場合は自転車専門店に相談されるのがよろしいと思います。)気になったのが、以下の文言です。

沈頭ナットタイプのブレーキには、ナットが6回転以上かみ合う適切な長さの沈頭ナットを使用し、再組立てのときには、ネジ部に封着剤(緩み止め接着剤)を使用してください

BR-R451取扱説明書

ゆるみ防止のため、より安全を考えて、ねじロックも使用しました。

LOCTITE(ロックタイト) ねじロック 243 中強度タイプ 10ml LNR-243

交換作業を開始して、途中でブレーキのインナーエンドキャップがないことに気が付きました。

10本もセットはいらないと思って、調べたところ繰り返し使えるインナーキャップを見つけました。

KCNC繰り返し使えるインナーキャップ

そして・・・キャリパーブレーキを自転車のフレームに取り付けが完了して、ワイヤーを固定しようとしたところ、ロングアーチになった影響で、ワイヤーの長さが足りん!ドーン!(この時は長さが足りないと思い込みました・・・。アーチを握り込めば付きます。)

これはきっとまだテクトロのキャリパーブレーキを使いなさいということでしょう。

ブレーキワイヤーを交換する気力はないため、結局、テクトロのR340に戻しました・・・

繰り返し使えるブレーキインナーキャップ取り付けできました。使い捨てではないのでエコだと思います。

付け方はこれが参考になります↓

使い捨てはもう古い!KCNC新型エンドキャップ シフトケーブルとブレーキケーブル用

後日、アーチを握りながらであれば、ワイヤーを固定することができることに気が付き、フロントを取り付けます。

しかし、取り付け方が悪いのか、センタリング調整ネジ、ケーブル調整ボルトを動かしても、アームがあまり動かんのですよ。(説明書通り、アーチを握りこんでシューをリムに強く当てた状態で規定の締め付けトルク8~10Nmでセットしたはずなのですが・・・)

結局、またテクトロR340+R55C4の組み合わせに落ち着きます。

コメントする

CAPTCHA