TEKTRO R340(実はR540)のP453ブレーキシューをシマノR50T2に交換したお話し

GIANT DEFY 2012に装着されていたTEKTRO R340(裏側を確認したところ実はR540でした。)のリアキャリパーブレーキのブレーキシューをBR-R451に付属していたシマノR50T2に交換してみました。(本当はリアだけ試しにBR-R451に交換しようとしたのですが、失敗しました。)

実はR540

ロードバイクGIANT DEFY3(2012)の魅力

元々付いていたのは、テクトロP453というブレーキシューです。カートリッジタイプではありません。

P453

このBR-R451取扱説明書およびTEKTRO TECHNICAL SERVICE INSTRUCTION Dual Pivot Caliper Brakeを参考に作業しました。

外したR540のアーチを握ってみると、動きが渋かったので、赤丸の可動部にWAKO’S(ワコーズ) ラスペネ・ミニ を注油します。

前後に取り付け後、約60キロ走ってみたところ、何と「シュー」と良く効きます。ドライ時の効き具合はR55C4と同程度位に感じます。R50T2もっと効かないだろうと勝手に思っていたので、意外でした。

TEKTRO R340(実はR540)のP453ブレーキシューをシマノR55C4に交換したお話し

R50T2

コメントする

CAPTCHA