テクトロ メカニカルディスクブレーキ(機械式ディスクブレーキ)MD-C510の説明書を日本語に訳す

VitusのRazor Discの前輪ディスクローターとパットが微妙に接触していることが判明しました。

ディスクブレーキの調整方法がわからないため、テクトロ社のホームページでMD-C510の説明書を確認したところ、PDFの英語版しかありませんでした。しかも、PDFの文字情報だけコピーできませんでした。 そのため、一度 Google ドライブに PDF をアップロードしてから、 Google ドキュメントで開くと文字情報だけ抜き出すことができます。英語だと意味がわからないので、 ドキュメントの翻訳機能で訳しました。

2020/5/27追記 このページは、英語の取扱説明書を機械翻訳してコピペしただけでわかりずらいですが、ちゃんとした取扱説明書(日本語)をいただくことができたので公開します。もしよろしければ該当ページからご覧ください。

 取扱説明書(日本語)を公開


——————————————————————————————————–

それがこれです。日本語の翻訳が変です。

TEKTROの 

インストール手順 MECHANICAL ROADのディスクブレーキシステム 

ASSEMBLYのために必要なツールと MAINTENANCEの 

5mm六角レンチの 4mm六角レンチの 3mm六角レンチ T25トルクスレンチ、ケーブル収納カッター ケーブルカッター 

SAFETYの警告&INFORMATION 

警告 -このブレーキシステムは、デでした私は、単一のライダーの自転車に使用するためgned。他の車両または装置でこのシステムを使用すると 

、保証が無効になり、場合によっては大きな怪我や怪我を引き起こす可能性があります。 警告-ディスクブレーキ、キャリパー、およびローターは、通常の使用中に非常に高温になります。、ローターまたは触れたり、修理を試みたりしないで 十分な冷却が行われるまでキャリパーアセンブリにください。 警告-これらのディスクブレーキは、従来のケーブル作動システムよりもパフォーマンスが大幅に向上します。に従って、 このマニュアルに記載されている慣らし運転の推奨事項ブレーキの特性を習得し、慣れるようにしてください。 警告-自転車が転倒または衝突した場合は、レバー、キャリパー、ローターがなど、ブレーキ機能を完全に確認してください 自転車にしっかりと取り付けられていること、パッドが正しく取り付けられ機能していること、ケーブルがスムーズに作動していること、レバーの感触ブレーキを作動させるときしっかりして下さい。 

疑問がある場合は、必ず資格のあるメカニックにブレーキをチェックしてもらってください。警告-パッドの厚さは少なくとも0.8 mmのパッド材料でなければなりません。各乗車前にこれを確認してください。 パッドを清潔に保ち、オイルや作動油を含まないようにします。パッドが汚れた場合は、廃棄して交換してください。 WARNING -そのケーブルハウジングは常にフレームに固定されていることを確認してくださいD /すべての乗る前にまたはフォーク。ある自転車に乗らないでください ケーブルハウジングがタイヤに接触する可能性の!注意-TRPブレーキの取り付けまたは作業を試みる前に、このマニュアルを完全に読んでください。このブレーキシステムの組み立てまたはメンテナンスの要素に不慣れな場合は、資格のあるメカニックに相談してください。 注意-清潔は、TRPディスクブレーキのメンテナンスの非常に重要な部分です。パッドやローターが オイルで汚染されたり、システムが不純物で汚染されたりすると、ブレーキ性能が大幅に低下します。 

ADAPTER取扱CHART 

FM1.1 F140 / F160アダプタF-5 

FM1.1 R160アダプタF-6 

のCOLO 

010 

のOO OO 

A M5×13は 2個 

、BM5x14、2個は 

5×13、2個のCM5取付ボルト2個 

AM、34 

F140のMの 

SR160を | 34 | 

また、利用可能なM5x17 M5×37 M5x22 M5×42 M5x27 

7~0 

前面 140ローター 

前面160ローター 

REAR 160ロータ 

70 

<F160 

<R160 FM17 

F140 A01 

34 

トルク仕様 :Flatmountボルト:5-7 Nmで(44から62インチポンド) ディスクローターボルト:4-6 Nm(35-53 in-Ib) 

M5リア 

ボルトボルト=フォーク+ 7mm 15 20 25 22mm 27mm 32mm 

フォーク(L)10 ボルト(C)17mm 

30 37mm 

35 42mm 

ブレーキSETの-UP 

ハウジング設置 。 Compressionless住宅、(線形鎖)はのために推奨されます M、最良得るためにechanicalロードディスクブレーキ のperformanceを。密閉されたフェルールまたはその他の密閉システムは過剰な摩擦を生じさせ可能性があるため、推奨されません 、、ブレーキレバーの戻り性能に影響を与える。ハウジングを配線して、きつい曲げや鋭角を最小限に抑えます。 

•、ブレーキレバー本体に挿入し内側または外側に走るらせん状に巻かれたハウジングの小さなセクションを取り付け 示すように、バーの最初のベンドの B-1、B-2にます。 (全てのブレーキレバー本体がインストールされたフェルールを必要としない- フェルールは旧姓であるかどうかを判断するために、あなたのブレーキレバーメーカーの技術文書で確認してくださいD。ED)両端が平らに提出しなければならないとライナーは、摩擦を解消するために開いている必要があります。両口フェラルを取り付けます。 (ref。B-1、B-2] 

・注:スパイラル型ハウジングは、バーの幅や好みに合わせて切断できます。たとえば、を隠すこと バーラップの下に両端のフェルールです。スパイラル型ハウジングを少なくとも25mmを越え1インチ ハンドルベンド)。(参考文献 

B-3〕•フレームまたはフォークの残りにcompressionlessハウジングを取り付けます。ブレーキレバーを感じる最適化するためにきつい曲がりと鋭角を最小にするように適切にカット 

。B-1チェックしますフェルールは、されている 必要と 

あなたのブランドのブレーキレバーに。B-2 

は、渦巻き取り付けます ハンドル曲げに対してハウジングを 

Hの25ミリメートル 

m中に。B-3 

住宅分。長さが 

BRAKE・接続 

それは完全にねじ込まれているように、ターンバレルアジャスターをする。上のフェルールをインストールします。コンプレッションレスハウジングの端を バレルアジャスターに 取り付けます。。ケーブルを通し、メカニカルロードディスクブレーキアクチュエーターアームに取り付けます。ケーブルをしっかりと引っ張りますが、はしません プリロード。[ref。D-1] 。キャリパーを調整するには、インストールされたロータとホイールを取り付ける。しっかりとセルフアラインでキャリパにブレーキレバーを引き ローター。軽くTです私は2とのアライメントをチェック交互に、各ボルトをghten。トルク制限が再されるまで続けます CHED、6-8 Nmの( -ポンドで71 53)に。パッドギャップツールがある場合、これはパッド除去に大いに役立ち/アライメントの問題によるローターノイズのます。 

・レバーを放し、パッドが均等に揃っていること、ホイールが自由に回転することを確認します。バレルアジャスターは、ケーブルのたるみを取り除くために使用できます。 。 ブレーキレバーを10回引いて、ケーブルとシートハウジングを引き伸ばします。アクションアームを押し戻します。完全に戻らない場合は、最高のパフォーマンスを得るために修正が必要な摩擦が大きすぎることを示しています。 (参照 。D-2&D-3]。新しいケーブルは、初期インストール後にストレッチします。ケーブルtを繰り返します私は、適切なパフォーマンスを維持するためのプロセスをghtening。6-8 

Nmの 

D-1プルケーブルと締め 

V1 

FINE TUNINGを の2つの方法があります微調整レバーの感触を改善するためのキャリパーバレルアジャスタパッドアジャスタを 

;。。•ケーブルのたるみを取るか、パッドの摩耗を補償するためのバレルアジャスターをスレッド 

・5ミリメートルの六角レンチを使用して、補償するためのパッド調整ネジを時計回りに回しますパッド摩耗または向上させる レバーFウナギを。パッドは、内側ピストン上に配置さのネジが調整される。[参考文献E-1] 

D-2スクイーズレバー10回 

ブレーキパッドの取り付けと取り外し 

1つの PUSH 

D-3チェックアームリターン 

CHANGING BRAKE PADS・ 

自転車からホイールを外します。 

。・ブレーキパッド保持ボルトからコッターピンを引いて- この作品を紛失しないように注意してください- とボルトを緩め 。。3ミリメートルの六角レンチで脇のボルトと割りピンを設定し 、[参照F。 -1] 

•ブレーキパッドのローター端に手のひらを当てながら、スリーブからボルトをゆっくり引き出します。キャッチ それらが解放されたときにそれらをします。後で使用するために、スプリングアセンブリを保管してください。 

•キャリパーの下端からパッドを取り外します。•キャリパーに 

新しいパッドとスプリングアセンブリを取り付けます。 

(REF。F-2]・キャリパにブレーキパッドリテーナボルトを再挿入し、コッターピンを再び取り付ける。Tiは、ブレーキパッドアセンブリghten。・ ボルトを 

他のキャリパーのために繰り返し、必要に応じてケーブルまたはパッドの位置合わせを調整する 

。ЗmmE- 

1.パッドの調整は、ねじ込み 

BREAK-IN期間 

3ミリメートル 

B期間内にREAKを 

ディスクブレーキが最適なパッドの座席と性能を達成するために、30〜40サイクルの慣らし期間を持っている・ます。注意 最初の30〜40サイクルのためにあなたが代わるたびにが必要ブレーキパッド 

。F-1。を緩めパッドリテーナボルトの 

安全確認 すべてのライド前 

・スピンホイールは、ロータが損傷していないと整合していることを確認した。 

パッドは交換してください0.8ミリメートル未満の場合・、ブレーキパッドの厚さを確認してください 

。・ボルトの張りを確認し、再-必要に応じてトルク 

・ケーブルとハウジングにほつれ、過度の摩擦または損傷がないか 

確認する•すべてのケーブルがフレームおよび固定され、ことを確認する/またはフォークにタイヤに接触できない! 

F-2。パッドとホルダーを交換する 

FEKTRO 

www。 tektro.com 

2016年6月 (英語) 

000907LY2.0 

しかし、これでもよく分からないので、どうしようかと考えていると、ディスクブレーキの裏側に「PAD ADJ IN OUT 」の表示がありました。これをカリカリ六角レンチで回すと、バットに隙間ができてローターに接触しなくなりました。ただブレーキの引きしろが多くなってしまうというデメリットも発生してしまいました・・・

以下、Google翻訳で訳したバージョンです。ドキュメントで訳すより翻訳精度が上がりました。

TEKTRO 設置指示機械式道路ディスクブレーキシステム 組み立てとメンテナンスに必要なツール 5mm六角レンチ4mm六 角レンチ3mm六角レンチT25Torx®レンチケーブルハウジングカッターケーブルカッター 安全上の警告と情報 警告-このブレーキシステムは、シングルライダーの自転車で使用するように設計されています。他の車両または装置でのこのシステムの使用 tusは保証を無効にし、個人に重大な危害または傷害を引き起こす可能性があります。警告-ディスクブレーキ、キャリパー、ローターは、通常の使用中に非常に熱くなります。十分な冷却が行われるまで、ローターまたはキャリパーアセンブリに触れたり、サービスを試みたりしないでください。警告-これらのディスクブレーキは、従来のケーブル作動システムよりもパフォーマンスが大幅に向上します。このマニュアルに記載されている慣らしの推奨事項に従って、自分でブレーキの特性を学び、慣れるようにしてください。警告-自転車が転倒または衝突した場合は、ブレーキ機能を十分に確認してください。レバー、キャリパー、ローターが自転車にしっかりと取り付けられていること、パッドが正しく取り付けられて機能していること、ケーブルがスムーズに動作していて、レバーの感触ブレーキを作動させるとき、しっかりと。 疑問がある場合は、必ず資格のある整備士にブレーキをチェックしてもらいます。警告-パッドの厚さは、少なくとも0.8 mmのパッド材料でなければなりません。各乗る前にこれを確認してください。パッドを清潔に保ち、オイルや油圧作動油がないようにします。パッドが汚れた場合は、廃棄して交換してください。警告-ライドの前に、ケーブルハウジングが常にフレームやフォークに固定されていることを確認してください。ケーブルハウジングがタイヤと接触する可能性がある自転車に乗らないでください。注意-TRPブレーキの取り付けや作業を行う前に、このマニュアルをよくお読みください。このブレーキシステムの組み立てやメンテナンスの要素に慣れていない場合は、資格のある整備士に相談してください。注意-清浄度は、TRPディスクブレーキのメンテナンスの非常に重要な部分です。パッドやローターが油で汚染されたり、システムが不純物で汚染されたりすると、ブレーキ性能が大きく損なわれます。 アダプター取扱説明書 FM1.1 F140 / F160アダプターF-5 FM1.1 R160アダプターF-6 コロコロ 010 ああああ M5x13、2個 BM5x14、2個 M5x13、2個のCM5取り付けボルト、2個 34 F140 M SR160 | 34 | M5x17 M5x37 M5x22 M5x42 M5x27も利用可能 70 フロント140ローター フロント160ローター リア160ローター 70 <F160 <R160 FM17 34 F140 A01 34 トルク仕様:フラットマウントボルト:5-7 Nm(44-62インチポンド)ディスクローターボルト:4-6 Nm(35-53インチポンド) リア用M5ボルト ボルト=フォーク+ 7mm 15 20 25 22mm 27mm 32mm フォーク(L)10ボルト(C)17mm 30 37mm 35 42mm

ブレーキセットアップ ハウジングのインストール。機械的ロードディスクブレーキが最高のパフォーマンスを発揮するには、圧縮のないハウジング(線形ストランド)が推奨されます。シールされたフェルールまたは他のシールシステムは、過剰な摩擦を引き起こし、ブレーキレバーの戻り性能に影響する可能性があるため、お勧めしません。ハウジングをルーティングして、曲がり角や鋭角を最小限に抑えます。 •B-1、B-2に示すように、ブレーキレバー本体に挿入され、バーの最初の曲げの内側または外側に走る、らせん状に巻かれたハウジングの小さなセクションを取り付けます。 (すべてのブレーキレバー本体にフェルールを取り付ける必要があるわけではありません。フェルールが必要かどうかは、ブレーキレバーの製造元の技術文書で確認してください。)端を平らにし、ライナーを開いて摩擦をなくす必要があります。両端フェルールを取り付けます。 (参照B-1、B-2) ・注:スパイラル巻きのハウジングは、両端のフェルールをバーラップの下に隠すなど、バーの幅や好みに合わせてカットできます。らせん状に巻かれたハウジングがハンドルバーの曲がりから少なくとも25mm(1インチ)伸びるようにします。 (参照B-3) •フレームまたはフォークの残りの部分に無圧縮ハウジングを取り付けます。ブレーキレバーの感触を最適化するために、きつい曲がりや鋭角を最小限に抑えるために適切にカットします。 B-1フェルールが必要かどうかを確認する あなたのブランドのブレーキレバーに。 B-2ハンドルバーベンド用のスパイラルハウジングの取り付け H 25mm 最小 B-3住宅分長さ

ブレーキの接続 ・バレルアジャスターを完全にねじ込むように回転させます。バレルアジャスターに収まるように、圧縮のないハウジングの端にフェルールを取り付けます。 。ケーブルを通し、メカニカルロードディスクブレーキアクチュエータアームに取り付けます。ケーブルをしっかりと引っ張りますが、プリロードはしません。 [参照。 D-1]。キャリパーを調整するには、ローターを取り付けた状態でホイールを再度取り付けます。ブレーキレバーをしっかりと引いて、キャリパーをローターに自動調整します。各ボルトを交互に軽く締め、位置合わせを確認します。トルク制限、6〜8 Nm(53〜71ポンド)に達するまで続行します。パッドギャップツールを使用している場合、これは位置合わせの問題によるパッド/ローターノイズの除去に大きく役立ちます。 ・レバーを離し、パッドが均等に配置され、ホイールが自由に回転することを確認します。バレルアジャスターでケーブルのたるみをとることができます。 。ブレーキレバーを10回引き、ケーブルとシートハウジングを伸ばします。アクションアームを押し戻します。アクションアームが完全に戻っていない場合は、摩擦が多すぎて、最高のパフォーマンスを得るために修正する必要があることを示しています。 (ref。D-2&D-3]。新しいケーブルは最初の取り付け後に伸びます。適切なパフォーマンスを維持するためにケーブルの締め付けプロセスを繰り返します。 6-8 Nm D-1ケーブルを引っ張って締めます V1 ファインチューニングキャリパーを微調整してレバーの感触を改善するには、2つの方法があります。バレルアジャスターとパッドアジャスター。 •バレルアジャスターをねじ込んでケーブルのたるみを吸収するか、パッドの摩耗を補正します。 ・5mmの六角レンチを使用して、パッド調整ネジを時計回りに回し、パッドの摩耗を補正するか、レバーの感触を改善します。内側のピストンにあるパッド調整ネジがあります。 [参照。 E-1] D-2スクイーズレバー10回 ブレーキパッドの取り付けと取り外し

1プッシュ D-3アームの戻り確認 ブレーキパッドの交換 ・自転車からホイールを取り外します。 ・ブレーキパッド固定ボルトから割りピンを引き(この部品を紛失しないように注意してください)、3mmの六角レンチでボルトを緩めます。ボルトと割りピンを脇に置きます。 [参照。 F-1] •ブレーキパッドのローター側に手のひらを置いた状態でゆっくりとボルトをスリーブから引き抜き、ブレーキパッドが解放されたときにキャッチします。スプリングアセンブリは後で使用できるように保管してください。 •キャリパーの下端からパッドを取り外し、 •新しいパッドとスプリングアセンブリをキャリパーに取り付けます。 (参照F-2] ・ブレーキパッド固定ボルトをキャリパーに再度挿入し、割りピンを再度取り付けます。ブレーキパッドアセンブリボルトを締めます。 ・他のキャリパーについても繰り返し、必要に応じてケーブルまたはパッドの位置合わせを調整します。 Зmm E-1。パッド調整ネジ 慣らし期間 3mm 休憩 ・ディスクブレーキには30〜40サイクルの慣らし運転期間があり、最適なパッドの着座とパフォーマンスを実現します。ブレーキパッドを交換するたびに、最初の30〜40サイクルの注意を払ってください。 F-1。パッド固定ボルトを緩めます ライド前の安全チェック ・ホイールを回転させて、ローターが損傷していないことを確認します。 ・パッドが0.8mm未満の場合は、ブレーキパッドの厚さを確認してください。 ・ボルトの張りを確認し、必要に応じて再度トルクをかけます。 ・ケーブルとハウジングに擦り切れ、過度の摩擦、または損傷がないか確認します。 •すべてのケーブルがフレームやフォークに固定され、タイヤに接触しないことを確認してください! F-2。パッドとホルダーを交換してください FEKTRO www.tektro.com 2016年6月(英語) 000907LY2.0

以下、説明書の英語原文です。

TEKTRO 

INSTALLATION INSTRUCTION MECHANICAL ROAD DISC BRAKE SYSTEM 

TOOLS NEEDED FOR ASSEMBLY AND MAINTENANCE 

5mm hex wrench 4mm hex wrench 3mm hex wrench T25 Torx® wrench Cable housing cutters Cable cutters 

SAFETY WARNINGS & INFORMATION 

WARNING – This braking system was designed for use on a single rider bicycle. Use of this system on any other vehicle or appara 

tus will void the warranty, possibly causing you great personal harm or injury. WARNING – Disc Brakes, calipers, and rotors get VERY HOT during regular use. DO NOT touch or attempt to service the rotor or caliper assembly until you’ve allowed for sufficient cooling to occur. WARNING – These disc brakes offer a significant increase in performance over traditional cable actuated systems. Follow the break-in recommendations listed in this manual, allow yourself to learn and become accustomed to the braking characteristics. WARNING – If your bike is involved in a fall or crash, fully check the brake function including: the lever, caliper, and rotor are securely attached to the bike, pads are correctly installed and functioning, the cable is operating smoothly and the lever feels firm when actuating the brake. 

Always have a qualified mechanic check the brakes if you have any doubts. WARNING – Pad thickness must be at least 0.8 mm of pad material. Confirm this before each ride. Keep pads clean and free of oil or hydraulic fluid. If pads become contaminated, discard and replace. WARNING – Ensure that cable housing is always secured to the frame and/or fork prior to every ride. Do not ride a bike on which the cable housing can come into contact with the tires! CAUTION – Read this manual completely before attempting to install or work on your TRP brakes. If you are unfamiliar with any element of assembly or maintenance of this braking system please consult a qualified mechanic for assistance. CAUTION – Cleanliness is a very important part of any maintenance of a TRP disc brake. If the pads or rotor become contami nated with oil, or if the system becomes contaminated with impurities, braking performance will be greatly impaired. 

ADAPTER INSTRUCTION CHART 

FM1.1 F140/F160 Adapter F-5 

FM1.1 R160 Adapter F-6 

colo 

010 

Oo oo 

A M5×13, 2pcs 

BM5x14, 2pcs 

A M5×13, 2pcs CM5 Mounting bolt, 2pcs 

34 

F140 M 

SR160 | 34 | 

also available M5x17 M5×37 M5x22 M5×42 M5x27 

7

Front 140 Rotor 

Front 160 Rotor 

Rear 160 Rotor 

70 

<F160 

<R160 FM17 

34 

F140 A01 

34 

Torque spec: Flatmount bolts: 5-7 Nm (44-62 in-lb) Disc Rotor bolts: 4-6 Nm (35-53 in-Ib) 

M5 BOLT FOR REAR 

Bolt = Fork + 7mm 15 20 25 22mm 27mm 32mm 

Fork (L) 10 Bolt (C) 17mm 

30 37mm 

35 42mm 

BRAKE SET-UP 

HOUSING INSTALLATION . Compressionless housing, (linear strand ) is recommended for Mechanical Road Disc Brakes to yield the best performance. Sealed ferrules or other sealing systems are not recommended as they may create excess friction and affect the brake lever return performance. Route housing to minimize tight bends and acute angles. 

• Install a small section of spiral wound housing that inserts into the brake lever body and runs inside or outside the first bend of the bar as shown in B-1, B-2. (Not all brake lever bodies need a ferrule installed – check with your brake lever manufacturer’s technical documents to determine if a ferrule is needed.) The ends should be filed flat and the liner should be open to eliminate friction. Install a double-ended ferrule. (ref. B1, B2] 

· Note: Spiral wound housing can be cut to accommodate bar widths and preferences, such as hiding the double-ended ferrule under the bar wrap. Allow spiral wound housing to extend at least 25mm (1 inch) beyond the handlebar bend. (ref. B-3] 

• Install the compressionless housing on the remainder of the frame or fork. Cut appropriately to minimize tight bends and acute angles to optimize the brake lever feel. 

B-1 Check if ferrule is needed 

on your brand brake lever. 

B-2 Install spiral wound housing for handlebar bend 

H 25mm 

min. 

B-3 Housing min. length 

CONNECTING THE BRAKE 

· Turn barrel adjuster so that it is fully threaded in. Install ferrule on the end of the compressionless housing to fit in the barrel adjuster. . Run cable through and attach to Mechanical Road Disc Brakes actuator arm. Pull cable tightly, but do not preload. [ref. D1] . To align the caliper, re-install the wheel with rotor installed. Pull the brake lever firmly to self-align the caliper on the rotor. Lightly tighten each bolt, alternating between the two and checking alignment. Continue until toque limit is reached, 6-8 Nm (53 – 71 in lbs). If you have a pad gap tool, this greatly helps in eliminating pad/rotor noise due to alignment issues. 

· Release the lever and check that the pads are aligned equally and that the wheel spins freely. The barrel adjuster may be used to take out cable slack. . Pull brake lever 10 times to stretch cable and seat housing. Push back on the action arm – if it is not returning fully, this indicates there is too much friction that will need to be corrected for best performance. (ref. D-2 & D3] . New cable will stretch after initial installation. Repeat cable tightening process to maintain proper performance. 

6-8 Nm 

D-1 Pull cable and tighten 

V1 

FINE TUNING There are two ways to fine-tune the caliper to improve lever feel; the barrel adjuster and the pad adjuster. 

• Thread the barrel adjuster out to take up cable slack or compensate for pad wear. 

· Using a 5mm hex wrench, turn the pad adjustment screw clockwise to compensate for pad wear or improve lever feel. There is a pad adjust screw on located on inboard pistons. [ref. E-1] 

D-2 Squeeze lever 10 times 

INSTALLING AND REMOVING BRAKE PADS 

1 PUSH 

D-3 Check arm return 

CHANGING BRAKE PADS 

· Remove wheel from bike. 

· Pull the cotter pin from the brake pad retaining bolt – be careful not to lose this piece – and loosen the bolt with a 3mm hex wrench. Set the bolt and cotter pin aside. [ref. F1] 

• Slowly pull the bolt out of its sleeve while placing your palm over the rotor end of the brake pads to catch them when they are released. Be careful to save the spring assembly for later use. 

• Remove the pads from the bottom end of the caliper, 

• Install new pads and spring assembly into the calipers. (ref. F2] 

· Reinsert brake pad retainer bolt into the caliper and re-attach the cotter pin. Tighten the brake pad assembly bolt. 

· Repeat for other caliper and adjust cable or pad alignment if necessary. 

Зmm 

E-1. Pad adjustment screw 

BREAK-IN PERIOD 

3mm 

BREAK IN PERIOD 

· Disc brakes have a 30-40 cycle break-in period to achieve optimal pad seating and performance. Exercise caution for the first 30-40 cycles each time you replace the brake pads. 

F-1. Unscrew pad retainer bolt 

SAFETY CHECK Before Every Ride 

· Spin Wheel to be sure rotor is undamaged and aligned. 

· Check brake pad thickness, if pads are less than 0.8mm replace. 

· Check bolt tension, re-torque if necessary. 

· Check cable and housing for fraying, excessive friction or damage. 

• Ensure that all cables are secured to frame and/or fork and can not contact tires! 

F-2. Replace pads and holder 

FEKTRO 

www.tektro.com 

June, 2016 (English) 

000907LY2.0 

コメントする

CAPTCHA