クラリス、ターニーのデュアルコントロールレバー、リアディレイラ―重量比較

シマノロードバイク用のコンポーネントの中でもエントリークラスに属する、ターニー(7速)とクラリス(8速)ですが、果たしてグレード的に上位のクラリスは、ターニーより軽量なのでしょうか。比較してみました。

使用したはかりは、下記です。載せる位置を変えると計量結果が変わるので正確ではないかもしれません。

RANTOM デジタルスケール

まずは、ターニーSTIレバーからです。

クラリスデユアルコントロールレバー

次にター二ーリアディレーラー RD-A070 7S 直付です。

RD-R2000 8S GS リアディレイラー

リアディレイラ―はクラリスが軽かったのですが、合計重量(デユアルコントロールレバー+リアディレイラ―)は、予想に反して、クラリス(768g)よりターニー(737g)が軽いという結果でした。また、変速時ターニーのほうがタッチは軽く感じます。

●関連ページ

SENSAHの8速シフトレバー、フロント、リアディレイラーの重量を計測したところ、

リアディレイラーは、ターニー、クラリスより軽量という結果でした。

SENSAH(センサー)REFLEX2×8Sシフトレバー、フロント、リアディレイラーの重量、説明書

この時、はかりを変えました。こちらは位置を変えても計測結果が変わらないため、正確に計測できたと思います。

タニタ クッキングスケール

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA