CO2 固定スライドガスガン ベレッタ92風を修理しましたが・・・

ヤフオクにて3,980円で購入したCO2 固定スライドガスガンです。

これを買った理由です。

  • 固定スライドガスガンを使ってみたかった。
  • 価格が安かった。
  • CO2というパワーソースをを試してみたかった。
  • スライド、本体が樹脂製だった。

一見、KSC M92バーテックに似ていると思ったのですが、よく見るとSⅡS 固定スライド・ガスガン タクティカル・エリートに酷似しています。

SⅡS公式ページ NO-03 固定スライド・ガスガン タクティカル・エリート

箱開封

iGUNという台湾メーカーのようです。

箱の中身には、六角棒(ホップアップ調整用)、BB弾少々、取扱説明書が入っていました。

左側:テイクダウンレバー、スライドストップ(スライドストップは機能しません。)、セフティレバーは動きません。

右側:代わりのセフティレバーがあります。これはSⅡS 固定スライド・ガスガン タクティカル・エリートと同じです。

説明書

説明書の表紙はこんな感じです。中国語(繁体字?)と英語の併記です。

表紙
シングルアクションができないようです。ダブルアクションオンリーです。
ガスブローバックよりパーツ点数が少ないです。
警告が書いてあります。銃を人や動物に向けて発射しないでください。等

重量

重量計測してみました。ほとんどABS樹脂なので軽量です。(フロントに入っていた錘は取り外しました。)

本体(錘なし)+マガジン
本体(錘あり)+ マガジン
本体(錘あり)+ マガジン + CO2カートリッジ(未使用)
マガジン
SⅡS 固定スライド・ガスガン U.S. 9mm M9 ミリタリーのマガジン重量

ハンマースプリング取り付け

最初からハンマースプリングが外されていました。元々は長さ66㎜外径8㎜程のスプリングが付いていたようです。そのため、中古のSⅡS固定スライド・ガスガン U.S. 9mm M9 ミリタリーからハンマースプリング取り外して流用します。

初速

初速を計測します。(0.989ジュール(J)以内 この数値を超えるエアガンは銃刀法違反となるため、もし超えた場合、何かしらの方法で初速を下げます。)弾速計はACETECH AC5000を使用します。エラーが起きず、画面に複数の弾速が表示できるのが利点です。

工具を使わないタイプのマガジンで底を回してCO2カートリッジボンベ(購入当時5本で¥380円でした。)を固定します。41℃以上は危険らしいです。

3発撃ってみたところ・・・0.2gで70m/s台でした。

HITSくんに撃ってみます。

やらかしたのですが、これはゴミでしょと判断して、裏面の説明を読まずに保護シートをビリビリに裂いてしまいました・・・

ビリビリに破かれた保護シート
裏面の使い方

撃った感じ、ブローバックガスガンと比較するとスライドがガチャガチャ動かないので迫力ないですが、ガス噴出して撃っている感じがするので、これはこれで楽しいです。

また、ブローバックでスライドが破損することがないのもメリットです。

シューティングレンジにて試射1回目

シューティンレンジにてCO2カートリッジボンベ1本で何発撃てるのか試します。固定スライドガスガンだから、燃費が良くて70発~120発位撃てるのではないかと予想します。

1発目発射!まっすぐ飛んだので嬉しい。

2発目撃てない。1度ハンマーを下げて、引き金を引くと撃てます。

更にマガジンが引っかかって本体から抜けなくなる、最終的に引き金が重くなって、ハンマーダウンするけども、弾が出ない・・・

不具合でまくりで撃てなくなくりました・・・・

引き金が戻らなくなる

シアースプリングの組み込み方に問題がありそうだったので、こちらもSⅡS固定スライド・ガスガン U.S. 9mm M9 ミリタリーから流用して同じ組み方をします。やはり内部も似ています。自分にはほぼ同じに見えます。

上:CO2固定スライドガスガン
下:SⅡS固定スライド・ガスガン U.S. 9mm M9 ミリタリー
(SⅡSのインナーバレルは折れています。)

いじくりまわして完成です。軽快に引き金が引けて、ハンマーの動作も問題なさそうです。再度シューティングレンジにて試します。

シューティングレンジにて試射2回目

CO2カートリッジをセット後、本体にマガジンを差し込むとしっかりはまらないので、押し込んでセットします。すでに、この時点で何かおかしい・・

説明書通りBB弾最大21発入らず、18発までしか入りません・・・

初速は下がりました。安定していない感じです。

普通に連射して撃てます。まっすぐ飛ぶので嬉しい。しかし、48発目あたりから弾ポロが始まります。

今度はマガジンの放出バルブに不具合が出ました。何かスプリングらしきパーツが外れました。

パーツリストM16です、パーツ名がわかりません。ハンマーに叩かれる部分です。小さくて紛失しました・・・

後日、放出バルブをまるごとヤフオクで購入しました。

マガジンに組み込んで完成です。

シューティングレンジにて試射3回目

後日シューティングレンジで撃ってみました。 初速が安定しません。空撃ちになる時があります。嫌な予感がします・・・

3マガジン目を撃っている途中でCO2 カートリッジ ボンベ からプシュー!と勢いよくガスが抜けていき、やがて空になりました。2回目も同様でした。マガジンのバルブに難ありです。CO2で運用することは一旦あきらめました・・・

凍結した図
凍結した図 2回目

HFC-152aガス満タンで何発撃てるのか試してみる

気を取り直して、SⅡS固定スライド・ガスガン U.S. 9mm M9 ミリタリーのマガジンを使用して、HFC-152aガス満タンで何発撃てるのか試しました。

初速は0.2gで60台後半

1マガジン、2マガジン、3マガジン・・・・・・10マガジン、11マガジン目の途中で弾ポロになりました。

1マガジン27発装弾できるため、27発×10マガジン=270発以上撃てました。固定ガスガンは燃費良いです。また、マガジンに満タンで何グラムのガスが入っているのか調べたところ、ガスが吹き出るまで満タンにしたマガジンは342gでした。ガスが空のマガジンは328gです。そのため、ガス14gで270発撃てたようです。

ガス満タン
ガス空

東京マルイのノンフロンガンパワーで撃ってみました。

もしよろしければ、下記もご覧ください。

東京マルイノンフロンガンパワーとライラクスハイバレットガス(HFC-152a)を比較レビューします 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA