ARROW ARMS B&T APC9-K 電動ガンをレビューします

新品40,075円で購入しました。今思うと結構高いなと思います。

ヤフオク、メルカリで 「衝動買いしました」「サバゲーで一回しか使ってません」などの使用感があまりない中古品を少し安く買っとけば良かったなと感じています。

重量

重量2349g(ロングマガジン装着時)と軽いのですが、小さいから余計そう感じるのか、実際持ってみるとズッシリと重く感じます。

チャージングハンドル

チャージングハンドルが付いている部品(外径:約24.5mm)と本体(内径:約25.5mm)に約1mmの隙間があり左右に銃を降ると、カタカタ音が鳴り、気になるので外しました。

サイドレイルには、M-LOK 3スロットレールを付けることができました。

東京マルイのショートフォアグリップを装着

ストック

隙間があるためストックバーが上下にぐらつきます。

しかし、ストックを肩付けするとぐらつかないので問題ありません。また、矢印の方向へ引っ張るだけで長く調整できるのが便利です。

マガジン

長いマガジン程の抜き差しが固いです。一番長いロングマガジン(110連)は、思いっきり引っ張らないと抜けません。そのため、リューターでマガジンの本体が擦れる部分を削りました。

他のマガジン(80連、65連)は抜き差ししていたら、マガジンが擦れて動きが良くなってきました。

東京マルイ BBローダーXLでBB弾を給弾できます。

セレクター

M4のように90度ずつ角度変更します。(実銃と異なるようです。)

SCARの45度ずつに慣れてしまっているので指の動きが大きく感じます。

トリガープルは軽く、トリガーストロークは短いです。しかし、セミオートで連続して撃ってみると、トリガーを最後まで戻さないと連射できません。(使用バッテリー:リポバッテリー7.4v 1200mAh 20C、)

大きさ比較

上から東京マルイ、SCAL-L、G3SAS、P90、APC-9Kです。

初速・サイクル

この個体はマルゼン製バイオBB弾0.2gで初速80m/s前後、発射サイクル約13~15回毎秒でした。すみません。画像を撮り忘れました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA