アルミディスクロードVitus – Razor Disc (2019 – Claris)のフレーム、フォーク、ホイール重量の計測結果

Vitus – Razor Disc(2019 – Claris)をシングルスピード化にして、乗っていました。「これがシングルスピードフラットバーディスクロードだ!」と勝手に呼称してました。

ロードバイクのシングルスピード+ディスクブレーキ+フラットバー化の魅力

しかし、乗る機会が減ってしまい、ディスクロードに戻すため、パーツを全て外して、フレーム、フォーク、ホイール重量を計測しました。

そういえば、この自転車の購入時の価格は・・・

価格61,398円

配送料金4,695円

-1500円(初回注文7,500円以上の購入は1,500円引きが適用)

合計 64,593円

そして、配達時に消費税・地方消費税2,900円+通関料200円=合計3,100円です。

合計67,693円でした。今考えても安いなと思います。同じクラリス(ST-R2000)のレバーが付いたジャイアントのCONTEND AR 4(2021)は、¥115,500(税込)ですからね。

CONTEND AR 4 (New 2021) – ジャイアント

(AR4は38mm幅のタイヤまで対応します。Razor Disc (2019 – Claris)は30mmまでです。)

※計測に使用した測りは、1g単位での計測はできません。また、計量誤差は±10gです。

●フレーム

重量:約1740g(計測を繰り返すと1700g、1750g、1745gと変わるので正確ではありません。)

材質:6061-T6 アロイダブルパデッド

サイズ:XSトップチューブ510mm、シートチューブ500mm

エンド幅:143mm

特徴として、12ミリスルーアクスル、フラットマウント対応です。

●フォーク

重量:約650g

UDカーボン アロイステアラー テーパード

エンド幅:100mm

12ミリスルーアクスル、フラットマウント対応です。


●ホイール

700×16N(F/V)と表示がありました。恐らくアルミ製です。

・フロント

重量:約920g

・リア

重量:約1250g

●まとめ

全ての合計は・・・

フレーム1740g+フォーク650g+フロントホイール920g+リアホイール1250g

=約4560gでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA