いきおいで油圧ディスクブレーキに変えようとした人間の失敗談

こちらの記事(ジャイアント エスケープRディスク(2020)に試乗した感想)でブレーキの効き具合に気分を良くした自分は、vitus razor disc を油圧ディスクブレーキに換装することにしました。ディスクブレーキ台座の規格は、フラットマウントだということはわかっています。

まず、油圧ディスクをアマゾンで購入します。「油圧ディスクブレーキ」でサイト内検索すると、シマノMT200の本体、ブレーキレバー、ディスクローターのセットが8,160円で売られています。どうやら、ブリーディング済み(注油、空気抜き)なので、すぐに使えるようです。安さに惹かれて、買ってしまいました。

商品が届いてみるといくつか問題点が・・・

1.ブレーキホースが長い。

ブリーディングされているので、本体、ブレーキホース、ブレーキレバーが接続されています。自分の自転車に付けると前後共にブレーキホースが長くて余ります。ブレーキホースの長さを調整するためには、部品を全て取り外して、再度ブリ―ディングをする必要があります。(考えてみたらブレーキホースがフレーム内蔵なので取り付けるために分解が必要でした・・・)

2.ポストマウントなのでそのまま付かない。

この問題は、純正のアダプター(F:SM-MA-F160P/D R:SM-MA-R160P/D)が販売されているので、これを使えばポストマウント対応の(MT200)をフラットマウント台座に取り付けすることができます。

3.コンバーターのワイヤリング式の正しいワイヤーの取り付け方がよくわらない。

アダプターに付いていた取扱説明書を見るとボルトの緩み防止のため、ワイヤーをボルトにワイヤーを取り付けることが書かれていますが、具体的な取り付け方法がよくわかりません。

以上、色々と問題があります。

フラットマウント台座には、やはりフラットマウントに対応したキャリパーを取り付けると見た目がスッキリして良いのではと思います。調べてみるとシマノのBR-UR300というキャリパーは、フラットマウントに対応していますが、ブレーキレバー、ブレーキホースの互換性を考える必要があります。製品の互換情報(「2019-2020製品互換情報」←クリックするとPDFがダウンロードされます。)のPDFが公開されているので確認して購入すれば大丈夫です。
結局、前後ともBR-UR300に交換しました。対応するブレーキレバー、ブレーキホースは下記ページご参照ください。

前輪だけ油圧ディスクブレーキ(BR-UR300)に変えてみたお話し

後輪を油圧ディスクブレーキ(BR-UR300)に交換してもらう&AERU COFFEE STOPに寄ってみる

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA