シマノ CT5、 PD-T421を使ってみた感想

カジュアルなサイクルシューズCT5

ペダルは片面フラットでSPDより着脱がしやすいクリッカー仕様のPD-T421を使うことにしました。

それぞれのメリット、デメリットを書きます。

●メリット

・PD-T421は、夜間走行時の安全のため反射板が付いています。また、接地面積が広いため足裏を載せやすく力が入りやすいと思います。また、片面はフラットペダルとして使用できるため、普通のスニーカーでも使用できます。

・クリッカーは軽い力で簡単に脱着できます。外せなくて倒れそうになる怖い思いはしていません。付属されているマルチモードクリートは多方向に解除可能です。また、座った状態でペダルを漕いでいる時に外れそうになったことはありません。

そして、クリートは位置調整が可能です。以下はクリートを外した状態です。前後、2箇所取り付け箇所があります。

前側にクリートを付けた画像です。

後側に付けると、引き足(ペダルを上げる)動作はしやすくなりますが、逆に踏み足はしにくくなりました・・・。個人的な好みは前側です。

クリートの左右調整も可能です。

・ペダル位置が固定されて、引く力も推進力にできるため、ケイデンスが上げやすくなり、速度が上がりやすいです。

・CT5に付いているマルチクリートを外して、底にカバーを取り付けた状態で走ったところ、普通のスニーカーより底が固いため、力が入りやすいです。

●デメリット

・CT5はサイクリング専用に作られているので仕方がないのですが、ソールが固くつま先が曲がりにくいため、普通のスニーカーより歩きづらいです。ただ、クリートの代わりにカバーを付けると歩きやすくなります。

・ビンディングペダル全般のデメリットですが、信号等で頻繁にストップ&ゴーするような街中だと、ペダル着脱のことを考えて注意する必要があります。

今まで一度も靴紐が解けたことがないのですが、万が一靴紐が解けて、クランクなどに絡まったら転倒して事故になりそうなので、CT5にダイソーで買った「結ばない靴紐」を付けてみました。

シマノCT5にダイソー結ばない靴紐を付けてみた

コメントする

CAPTCHA